悪い習慣は、すぐにやめましょう。体の歪みの原因は?

足を組む。悪い姿勢をしめす図。

おはようございます。
浜崎鍼灸整骨院、院長の浜崎 洋です。

本日は、お尻の痛みハムストリングス(太ももの裏側)の痛み恥骨の痛みで整形外科に行かれ、
仙腸関節炎と診断された方が当院に骨盤矯正で来院され、そこでの会話を皆さんにシェアしたいと思います。

その方に「こんな痛みが出る大きな原因は何ですか?」と質問されました。
皆さん何だと思いますか?

正解は、いろんな要因が重なってるのだとは思いますが、
1番大きな要因は、自分では悪いと思っていない「何気ないクセや悪い習慣」です。

ついついやってしまう事で、長時間身体に負担をかけて、体幹の筋力低下や、姿勢の崩れを悪化させます。

例えば「椅子に座ると背中を丸めて背もたれにもたれてしまう」とか
「ショルダーバックはいつも同じ側の方にかける」「椅子に座るとすぐに足を組む」という習慣は、体の歪みの原因になります。

そして「足を組んだ方が楽」「足を組んでおかないと長く座れない」と言う場合は、
骨盤の高さに左右差が生じるなど、既に体が歪んでいる可能性があります。

足を組んでいると、下側の足に重心が偏り股関節の筋肉が圧迫されます。

その結果、筋力や柔軟性もアンバランスになって、普段の姿勢にも歪みを生じ、慢性的に骨盤や背骨が傾いてきます。

全身は骨や筋肉で複雑に連結、連動しているので、骨盤が傾いたまま重い頭や状態を支えようとすると、
様々なところに影響が及び、左右の肩の高さや足の長さも違ってきます。

歪んだ体は、噛み合わせの悪さや、頭痛腰痛肩こりなど全身の不調を引き起こしてしまうので、足を組む習慣はすぐにやめましょう。

体は良い姿勢も正しい動きもすぐに忘れてしまいます。

最初はすぐに疲れてしまうかも…?
少しずつでも構いません。

良い姿勢にチャレンジする事で、健康な体を手に入れましょう。

元気祈ります。
ありがとうございます。

「こんな症状は・・・?」

あなたのお悩みは何ですか?
当院で施術効果の高かった症状をまとめてみました。
どうぞご覧下さい⇒「浜崎鍼灸整骨院・症状別ページ」

お気軽にご連絡下さい。

この記事を書いた人

浜崎鍼灸整骨院院長。1968年大阪生まれ。高校時代の部活で膝を大ケガ。スポーツの夢を断たれたときに鍼灸に出会う。その体験に感動、一念発起して勉強し柔道整復師・鍼灸師としてのキャリアを開く。鍼灸師・あん摩マッサージ指圧師・柔道整復師免許(国家資格)を取得後、1999年に大阪十三に浜崎鍼灸整骨院を開業。「24時間テレビ愛は地球を救う・チャリティーマラソン」のメディカルスタッフを務めるなど、新聞・テレビなどのメディアからも取材を受ける。以来、地元に親しまれる整骨院院長として日々、治療に励んでいる。

目次